本文へスキップ

  ”あたりまえ”の暮らしを守り続ける

                          

新年のご挨拶

年始のご挨拶

 

2021年1月

双豊電気株式会社 尾池 優一

 

新年明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとって幸多き一年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

昨年は、新型コロナに翻弄された一年でした。幸い当社では感染者が出ておりませんが、取引企業様や社員の身近な方などから感染者が出ており、新型コロナがすぐ近くまで忍び寄ってきていると危機を実感しております。第三波の勢いは衰えるどころか、ますます増しており、より徹底した感染対策を講じなければと思っております。

しかし、恐れてばかりでは当社の停滞を招きます。コロナ禍だからこその機会もあるはずです。世の中でリモートワークが浸透したように、当社も働き方やビジネスモデルについて変革を進める良い機会として前向きにとらえていく次第です。

 

昨年は、悲しい出来事がありました。創業者の尾池壽生が享年94歳で逝去しました。会社を設立し、軌道に乗せ、現在まで継続する組織や顧客を作り上げたその功績は、一経営者としてただただ敬意を表すのみです。社葬にて式を執り行いましたが、本当にたくさんの方に参列を賜りました。誠にありがとうござました。

ところで当社は1971年の設立です。2021年となる本年は、50周年という節目を迎えます。そのようなタイミングなので、故人は葬式をもって、これまで会社を支えてくださった皆様に感謝の意を表したのではないかと感じています。

 危機や悲しい事ばかりではなく、うれしいこともありました。技術職としては当社初の女性を採用できたことです。女性技術者の採用は私にとってここ数年の念願でした。さらに本年4月には、もう一人女性技術者と男性2名が新卒で加わります。何か50周年の節目を象徴するような出来事だと思っています。

 2021年は、内外の状況からして当社のこれからの在り方を見定める試金石となるような気がします。社員に明るい展望が示せるよう、そして天国の創業者が安心できるよう、より一層経営に邁進する所存です。

 



双豊電気株式会社

〒064-0822
札幌市中央区北二条西26丁目1番16号

TEL  011-641-1233
FAX  011-642-7940