当社の雰囲気はどうですか?

現場では厳しい先輩たちですが、事務所では上下関係や年齢などを気にせず和気あいあいとした雰囲気の会社です。
工事会社は休みがないというイメージでしたが、土日祝日は休みですし有給休暇も抵抗感なくとることができます。
残業もほとんどないので小さい子供がいる私にはありがたいです。


人間関係(先輩、同僚)はどうですか?

先輩の現場での指導は厳しく落ち込むこともありますが、それは電気工事という仕事の責任の重大さゆえだと思っています。
現場から離れると優しい先輩に戻るので人間関係で嫌になるという事はありません。
自分が後輩を指導するときは分かるまでフォローすることを心掛けています。
また、プライベートの付き合いを大事にしています。

どんな仕事をしている時にやりがいを感じますか?

自分はまだまだ未熟でできる仕事も限られています。
それでも小さな現場ながら設計から施工まで任せられて無事完成した時は大きな達成感があります。

将来どんな仕事をしたいですか?

今はまだ、小さな現場を一つ一つ確実に完成させ経験を積んでいますが、いつかは子供に自慢できるような大きな施設の現場監督として活躍したいです。

どんな社員になりたいですか、または仕事を通してどんな人間になりたいですか?

お客様からの発注を待つのではなく、その前の段階から相談を持ち掛けられるような頼られる技術者になりたいです。
お客様が抱える電気設備の課題を共有して適切な解決策を提案できればもっとやりがいが高まると思っています。
また、後輩に頼られる社員にもなりたいです。そのためには知識・技術だけではなく人間性を高めることも大事にしています。
そして、後輩に教えることを通じて自分も成長できる関係を築けたら素晴らしいと思っています。

最もつらかった仕事は何ですか。また、どのように乗り越えましたか?

自分が初めて携わった中央監視装置の更新工事です。高度な専門知識が要求され、正直ついていけませんでした。
先輩に頼りきりで自分に嫌気がさしたのを今でも思い出します。
しかし、自分なりに勉強したり現場ノートを作成したりと精神的に少しはタフになったと思っています。

仕事上で自分が成長したと感じるエピソードを教えてください

未経験から転職でしたので、入社当時は図面を見ても全く分かりませんでした。
しかし、ある現場でシーケンス図を見た時、機器の動作を頭の中でイメージできている自分に気づきました。
その時は技術者としてやっと一歩前進できたと思いました。

当社の魅力は何ですか?

当社は今、経営陣も社員も世代交代の時期です。 社風も少しずつ変わってきていると思います。
伝統を受け継ぎつつ新しいことに挑戦しようとしているタイミングに社員として関われることは大きな魅力です。

後輩へのメッセージ

会社をもっと盛り上げられるように共に頑張りましょう!
まだまだ頼りない先輩ですが仕事ではできる限りのフォローをします。
また、プライベートでは飲み会や趣味で楽しく遊びましょう!